八百一本館 八百一本館 八百一本館

  • 営業時間

アクセス
アクセスMAP

西浅より11月におすすめの鮮魚をご紹介いたします

 

ふぐの中でも最高級、美味しさも別格であるとらふぐ。
京阪神地域が全国で最も消費量が多く「鉄刺(てっさ)」「てっちり」として親しまれる。
縄文時代から日本人はふぐを食べていたとされ、猛毒であるにもかかわらず多くの人を魅了してきた。


「寒ぶり」という呼び名があるように、ぶりは北海道から日本海の厳しい冬に脂がのって美味しい。
ブリトロを刺身にすれば脂のりを楽しめ、しゃぶしゃぶやぶり大根は寒い季節にぴったり。
出世魚の代表として、お正月にもかかせない魚。

 

 

西浅より10月におすすめの鮮魚をご紹介いたします

鍋料理に適し「7つ道具」と呼ばれる肝、胃袋、皮、エラ、ひれ、卵巣、身とあますことなく食べることができる。
特に肝は人気が高く肝の大きさで鮟鱇の値段が決まるほど。鍋料理以外ではからあげやムニエル等洋食にもおすすめ。
外国産や冷凍ものも出回るが国産・生の鮟鱇がやはり格別。


寒くなる時期から、鰆は「寒鰆」と呼ばれ脂がのってくる。
近年、舞鶴をはじめ京都丹後地方は全国でも有数の鰆の漁獲量を誇り質の良さで人気が高い。
身は柔らかく、京都では西京味噌で漬けた「味噌漬け」が有名だが、鮮度の良いものは刺身でも美味しい。


 

秋から冬にかけて脂がのってくる時期の真鯛は「紅葉鯛」と呼ばれ、春、産卵前の「桜鯛」と並び特に美味しい時期を迎える。刺身はもちろん、カルパッチョやポワレなど和洋問わずどんな料理にも適し、寒い時期には鍋物にもおすすめ。
天然の鯛は色合いに赤みがあって見た目にも美しい。

 

西浅より9月におすすめの鮮魚をご紹介いたします

秋を代表する魚のひとつであるさんま。
北太平洋にのみ生息し、8月ごろまでは北海道付近にいるが、 9月になると産卵のため南下する。
この頃から旬を向かえ、 最も脂がのり美味である。南下するほど脂は落ちてくる。
鮮度が良いさんまは目が澄んで身が張っているもの、 全体的に光っているもの。まさに「刀」という名前がぴったり。

 


 

九月から11月頃にかけて、北海道・東北沿岸にさけ(しろさけ)が産卵のため川に戻ってくる。
この時期に撮れるさけを秋鮭と呼ぶ。身の色は淡い朱色。また、雌から獲れる筋子(すじこ)もおすすめ。
チャンチャン焼き、石狩鍋、はらこ飯など特に北海道・東北には鮭を使った多くの郷土料理があり、日本人にとってなじみの深い魚。

西浅より8月におすすめの鮮魚をご紹介いたします

京都の夏の魚の代表といえば、はも。
「梅雨の水を飲んでおいしくなる」と言われるように入梅時から夏場が旬。
兵庫や徳島が産地として有名で、生命力が強く、 活きたまま京都まで運ぶことができる(活はも)。
料理の最大の特徴は「骨切り」。
手切りの鱧は熟練の技術が必要だが口当たりが滑らか。 夏の京料理にかかせない食材である。


春先から夏場が旬。胴の部分が剣の様に細長いことが名前の由来。
本州中部以南で獲れ、地方によって「アカイカ」「シロイカ」という名前で 呼ばれることもある。
たくさんあるいかの種類の中でも特に甘味が強く、 濃厚な味で、刺身(姿造り)はもちろん、煮物、ねぎやわけぎと 酢味噌であえた「てっぱい」など活用の幅は広い。


夏が旬。有名な明石や瀬戸内海で獲れる真蛸は旨味が濃く弾力が強い。
関西では72候の1つ「半夏生」(はんげしょう)に蛸を食べ 農作物の根付きを願う風習がある。
刺身や唐揚げ、酢の物と暑い夏の料理にぴったり。
タコに含まれる「タウリン」は肝機能の向上や高血圧予防効果があるといわれている。