八百一本館 八百一本館 八百一本館

  • 営業時間

アクセス
アクセスMAP

4月12日よりアンジェ ボン・ルパスにてノベルティのプレゼント

4/12(土)より京都八百一本館2F・アンジェ ボン・ルパスにて3500円(税込)以上お買い上げのお客様に鎌倉のカフェ・ディモンシュによる1周年ブレンド珈琲豆50gとマルキチシュガーのコーヒービーンズシュガーのセットをプレゼントいたします。この機会にぜひいらしてみてくださいね。

会話と共に試飲をお楽しみください

京都八百一本館・2Fの前田豊三郎商店ではワインバーを設けています。そのときおすすめのワインを1杯からご賞味頂けるこのカウンターはオープン以来とても人気のスペース。お買い物の合間やリラックスタイムなどに専門スタッフとの会話とおいしいワインをぜひお楽しみください。

1杯1杯丁寧にお作りしています

本館・3Fにあるコーヒーキオスクで人気のドリップコーヒー。こちらはご注文をお受けしてからドリップしています。
丁寧にハンドドリップしておりますので、本格的かつコーヒー本来のお味を楽しんで頂ける自慢の一品。ご賞味いただいたお客様から「おいしい!」「豆の甘みがすごく分かる!」と評判のお味です。野外は少し冷えますが、こちらの温かい飲み物と共に六角農場の風景を見ていると気分がリフレッシュできるのでぜひいらしてくださいね。

大きなクリスマスツリーが立ちました!

京都八百一本館の北側エントランスにとっても大きなクリスマスツリーが!京都八百一らしく本物のもみの木を使ったツリーで、設置途中、通りがかられたお客様も2Fまで伸びる大きさに驚かれていました。イルミネーションはむっくりした電球色と深い赤色。見ているだけで心まで温まるような色合いでなんと電球の数は9000個!夜間に点灯しておりますので、ぜひお買い物の際にご覧ください。お昼間は大きな木本来の美しさが光っておりますのでこちらもぜひご注目を。

カウンター席もぜひご利用ください

3F・SAVORYのディナータイムはかしこまった感じなの?とご質問をよく頂きますが、いえいえ、そんなことはありません。
ぜひぜひカジュアルにご利用ください。アラカルトメニューが充実しておりますのでおひとりのお客様にもぴったり。
カウンター席でグラスワインと前菜などを頂きつつ・・・という楽しみ方がおすすめです。
目の前でシェフがお料理いたしますので、ふらっとお気軽にお立ち寄りくださいね。

お好みの精米度でどうぞ

本館の2Fの米売場ではご注文後その場で精米致しますので、お客様のお好みの精米度を選んで頂けます。
おすすめの精米度は五分づき。玄米よりも食べやすく白米よりも栄養分が残っているのが特徴。お米本来のおいしさも味わって頂けます。いまは新米が勢揃い!産地や品種によってお味が違いますので色々と食べ比べをしてみてくださいね。

レストランでのパーティーのご予約

京都八百一本館の2つのレストラン、きょうのおかずとSAVORYではパーティーのご予約を受け付けております。

きょうのおかず
5名様から16名様まで お料理はお一人様¥3,000から(フリードリンクの場合は別途¥2,000頂戴いたします)

SAVORY
5名様から24名様まで お料理はお一人様¥5,000から(フリードリンクの場合は別途¥2,000頂戴いたします)

詳しくはご予約の際にお問い合わせください。
きょうのおかず 075-223-2370 SAVORY 075-223-2320

二十四節気と美しい自然の大演奏

見落とされてしまいがちですが、3F・六角農場ではコーヒーキオスク前の階段部分に二十四節気のプレートが埋め込まれています。
昔の農業ではこの二十四節気を目安にしたりして作物を育てていました。今では少しズレが生じてしまっていて節気通りにはいきませんがプレートを読んでいるだけでもとても楽しい気分になることができます。

さて近頃、六角農場では虫たちの大演奏が鳴り響いています。
「これってなにか人工的なBGM?」と思われますが、もちろん本物の虫の声。都会の真ん中とは思えないほどの素晴らしい大演奏!

こちらの自然の演奏はこの時期だけですので、ぜひ聴きにいらしてくださいね。

国旗で産地を表記しています

2F前田豊三郎商店ではラベルもかわいいワインが店頭を賑わせています。
そのワインのプライスカードには産地を国旗で表記。国や地域によって味に特性があるのでお好みの味の原産国を覚えておくと選びやすくなります。
夏のおすすめワインはなんといっても白ワイン。きりりと冷やしたワインとともに夏の日をお楽しみください。