ニュース ニュース

  • 営業時間

TOP > ニュース > 2014年10月

ニュース

お店のおはなし この時期、お持ち帰りがおすすめです

秋冬向けのフレイバーが充実してきたSEASONのソルベ。少し肌寒くなってきた今の時期から冬場にかけてお持ち帰りがおすすめです。疲れて甘いものが欲しい時やおやつの時間にあたたかな部屋でいただくと至福の時間を満喫できること間違いナシです。ぜひおうちでSEASONのお味を味わってみてください。

栗のソルベ_m

お店のおはなし 農場もすっかり秋色です

3F六角農場の風景も夏野菜から秋冬野菜の栽培にかわり、気候とともにすっかり秋めいてきました。一年のなかでもとても美しい季節ですのでぜひ見にきていただければと思います。天候が良い日の午後3時ぐらいが一番おすすめ。柔らかい太陽の光によって野菜の緑が映えて見え、気分もリフレッシュできますよ。

農場スナップ_04

アンジェ ボン ルパス アンジェ・ボン・ルパスより「つくも窯フェア」のお知らせです

10/10(金)~10/26(日)「つくも窯フェア」

神戸裏六甲の工房でスリップウェアや耐熱陶器を中心に制作をしているつくも窯。
フェア期間中は大皿などの普段並ばない種類も揃います。

 

1009_06

1009_01

 

その他の情報はFacebookページをご覧ください。

 

西浅 西浅より10月におすすめの鮮魚をご紹介いたします

10_ankou

鍋料理に適し「7つ道具」と呼ばれる肝、胃袋、皮、エラ、ひれ、卵巣、身とあますことなく食べることができる。
特に肝は人気が高く肝の大きさで鮟鱇の値段が決まるほど。鍋料理以外ではからあげやムニエル等洋食にもおすすめ。
外国産や冷凍ものも出回るが国産・生の鮟鱇がやはり格別。


10_sawara

寒くなる時期から、鰆は「寒鰆」と呼ばれ脂がのってくる。
近年、舞鶴をはじめ京都丹後地方は全国でも有数の鰆の漁獲量を誇り質の良さで人気が高い。
身は柔らかく、京都では西京味噌で漬けた「味噌漬け」が有名だが、鮮度の良いものは刺身でも美味しい。


 

10_momizidai

秋から冬にかけて脂がのってくる時期の真鯛は「紅葉鯛」と呼ばれ、春、産卵前の「桜鯛」と並び特に美味しい時期を迎える。刺身はもちろん、カルパッチョやポワレなど和洋問わずどんな料理にも適し、寒い時期には鍋物にもおすすめ。
天然の鯛は色合いに赤みがあって見た目にも美しい。

 

お店のおはなし 今年もおでんの販売が始まりました

昨年好評でしたおでんの販売が9月末頃から始まりました。昨年同様おだしにこだわり、やおいちのおかずらしいお味つけでじっくり炊き込んでいます。いまの季節は気候が不安定なため「おでんを食べたい!」という気分になるのはもう少し先かもしれませんが、ぜひ今年のお味もご賞味ください。 今年はお客様にご自由に取っていただけるようセルフ販売形式です。もちろん昨年のように販売員にお声かけ頂ければお取り致しますのでお気軽にどうぞ。

おでん_m

▲ページトップへ