八百一本館 八百一本館 八百一本館

  • 営業時間

アクセス
アクセスMAP

西浅より10月におすすめの鮮魚をご紹介いたします

10_ankou

鍋料理に適し「7つ道具」と呼ばれる肝、胃袋、皮、エラ、ひれ、卵巣、身とあますことなく食べることができる。
特に肝は人気が高く肝の大きさで鮟鱇の値段が決まるほど。鍋料理以外ではからあげやムニエル等洋食にもおすすめ。
外国産や冷凍ものも出回るが国産・生の鮟鱇がやはり格別。


10_sawara

寒くなる時期から、鰆は「寒鰆」と呼ばれ脂がのってくる。
近年、舞鶴をはじめ京都丹後地方は全国でも有数の鰆の漁獲量を誇り質の良さで人気が高い。
身は柔らかく、京都では西京味噌で漬けた「味噌漬け」が有名だが、鮮度の良いものは刺身でも美味しい。


 

10_momizidai

秋から冬にかけて脂がのってくる時期の真鯛は「紅葉鯛」と呼ばれ、春、産卵前の「桜鯛」と並び特に美味しい時期を迎える。刺身はもちろん、カルパッチョやポワレなど和洋問わずどんな料理にも適し、寒い時期には鍋物にもおすすめ。
天然の鯛は色合いに赤みがあって見た目にも美しい。