八百一本館 八百一本館 八百一本館

  • 営業時間

アクセス
アクセスMAP

西浅より12月・1月におすすめの鮮魚をご紹介いたします

kaki
冬に肥え、美味しい時期を迎える牡蠣。
グリコーゲンのほか亜鉛・銅などのミネラル、タンパク質、カルシウム、ビタミンなど
様々な栄養素を含むため、「海のミルク」と呼ばれる。
生食用と加熱用とがあるが、細菌数の違いで鮮度の違いは関係がない。



zuwaigani

山陰地方の「松葉がに」福井の「越前がに」など地方により
呼び名が変わるずわいがには、まさに冬の味覚。
輸入品も多く品質もさまざまだが、日本海産のものはブランドになるほど人気が高い。
雌(せこがに)も小さいが内子・外子が濃厚な味で美味しい。


 

tara
雪のように白い身からその名がついたとも言われる鱈は、
低脂肪で消化吸収も良く離乳食やダイエット食にも最適。
ちりなどの鍋料理から、ムニエル・フィッシュ&チップスなどの
洋風料理、乾物としての棒だらは京料理にかかせない。
「たらふく食べる」の語源にも。